アーカイブ | 7月 2016

  • 子作りに精力料理とED専門外来と女性用バイアグラ

    子作りとはまさしく夫婦が一丸となって取り組まなければいけない共同作業です。 結婚式が無事終われば、今度は子供を授かる活動に精を出しましょう。 健康的な子供を妊娠するためには、一定程度のセックス頻度が求められます。 共働き夫婦には少々厳しいかもしれませんが、3日に一度、最低でも1週間に一度は夫婦の営みを持ちたいところです。 ただ、男女双方がスケジュールを細かく調整し、夫婦の営みの機会を真面目に設けても、お互いの体のコンディションが悪いと、セックスが円滑に済ませられません。 男性の精力が落ち込んでいれば適正な量の精液が女性器に注ぎ込まれません。 共働き夫婦がついつい料理に使ってしまうお惣菜やレトルト食品ですが、精力を蓄えたいなら、最小限に留めましょう。 精液の材料となる良質な蛋白質が摂取出来る青魚や白身魚、豚肉などを料理の素材にしましょう。 またオクラやトロロ、メカブ、ナットウ、ナメタケ、ニガウリ等の粘着力が強い食材も料理に取り入れる事で、精液の質が向上したり、射精時の量が向上します。 またEDの疑いが濃厚であれば恥ずかしがらずに、ED専門外来を受けてみるのも大事です。 バイアグラを処方してもらえば、勃起力の低下が克服でき、毎週セックスが可能な心身となります。 そして女性側にも、子作りに向けての対策が求められます。 女性器から分泌される体液、その量が何かしらの原因で不足すれば、セックスが出来ないコンディションになります。 女性用バイアグラをベッドインの前に使用すれば、体液の不足が補えます。 薬効によって体液が分泌されやすい体質に戻ります。 女性用バイアグラには不感症を予防する薬効も備わっており、愛撫や挿入時に痛みや不快感を感じてしまう女性も、事前に使用しておけば、セックスを楽しめる心身で子作りに臨めます。